【軽量・コンパクト装備】キャンプを始めたい④【クッカー・バーナー編】

この記事を読むのに必要な時間は約17分です。 こんにちは、雇われブロガーのstranです。

前回、キャンプを始めたい④【シュラフ・マット編】にて、テントの中身、寝具について調査しました。

今回はいよいよテントの外!クッカー・バーナーについて調査してきました!

クッカーは、機能性を重要視し、かつおしゃれなものを揃えたいと思っています!好きなんですよねー、個人的にこだわりポイントです。

  • テント
  • シュラフ
  • マット
  • クッカー
  • バーナー

クッカー(コッヘル)について

調理器具、鍋やフライパンのことです。また、この他にも箸や皿などの食器が必要ですから気をつけてくださいね。

クッカーは、可能であれば家庭にあるものを持っていっても大丈夫です。持ち運べるならですが…。

キャンプ用のクッカーは、取っ手部分が折り畳めるようになっていたり、ガスバーナーとガスのセットを入れることができたりします。

同じメーカーの物であれば、大きいサイズの中に小さいサイズの物を入れることができたりと、工夫がされているので、そういったものを購入するようにしましょう!

クッカーの選び方

材質

アルミ製

アルミ製のクッカーは安価で手に入れられ、熱伝導性にも優れています

また、熱伝導性が高いということは焦げ付きにくいということでもあります。

ただし、強度が弱く長年使っていると変形してしまうという弱点があります。

ステンレス製

ステンレス製のクッカーは、家庭で使われるフライパンなどと同じ材質でできています。

手入れが簡単で、強度は高いものの、熱伝導性が低く重くなってしまう点が欠点です。

チタン製

チタン製のクッカーは高級なものに多く、強度もあり重量も軽量です。

アルミ製に比べると、熱伝導性が低く、焦げ付きやすいのが欠点です。

形状

 

丸型

丸型が主流になっています。多くはフタと本体がどちらも鍋として使えるようになっていて、中にガスバーナーセットやマトリョシカのように一回り小さい鍋を入れることができる構造になっています。

角型

角型は商品の数は少ないですが、インスタントラーメンや食パンに適した形をしている他、角の部分が注ぎ口になっているため、汁物を扱う際にも使い勝手がいいという利点があります。

多くのキャンパーさんは、丸型と角型の2つを用意していて、丸型にガスバーナーセット、角型にお米やタワシなどを入れているようです。

深型

深型は大きなカップのような形状で、縦に長いもののことを言います。

熱の回りにムラがあるので、しっかりと火を通さなければならない煮込み料理などには向きません。

コーヒー、パスタ、ラーメンなどに適しています。

細長いので、収納にも適した形です。

浅型

浅型というと、フライパンをイメージしがちですが、こちらがわたし達がよく使う鍋のイメージです。

火の回りが良く、炒めものや煮込みものにも向いています。

その形状から、収納には難があります。

SNOWPEAK スノーピーク トレック 900 Trek 900 〔調理器具 キャンプ用品 クッカー コッヘル〕 

SNOWPEAK スノーピーク トレック 900 Trek 900 〔調理器具 キャンプ用品 クッカー コッヘル〕 

画像は2つの鍋が写っていますが、浅型の方を深型にかぶせるとフタになります。

しかも中身には小型のガスボンベとバーナーをピッタリ収納できる洗練された設計。

値段: 約2,100円
重量: 265g
収納サイズ(直径x高さ): 130x140mm
ポット(直径x高さ): 120x107mm 900ml
フタ(直径x高さ): 127x39mm 250ml
[amazonjs asin=”B000AR2N2Q” locale=”JP” title=”スノーピーク(snow peak) トレック 900 SCS-008″]

NatureHike コッへル・クッカーセット 2-3人用キャンプ鍋セットアウトドアフライパン調理器具

NatureHike コッへル・クッカーセット 2-3人用キャンプ鍋セットアウトドアフライパン調理器具

こちらはお得な4点セット。マトリョシカのように、本体の鍋(大)とフタのフライパン(大)の中に一回り小さいサイズが入ります。

これを買っておけば、ソロキャンプだけでなく複数人のキャンプになったときでも使えますね。

値段: 約2,100円
重量: 450g
収納サイズ: 145x145x180mm
大鍋(直径x高さ): 148x110mm
小鍋(直径x高さ): 130x98mm
大フライパン(直径x高さ): 138x65mm
小フライパン(直径x高さ): 121x63mm
[amazonjs asin=”B00XBTO0JY” locale=”JP” title=”NatureHike コッへル・クッカーセット 2-3人用キャンプ鍋セットアウトドアフライパン調理器具”]

mont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11+13 セット 1124695

mont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11+13 セット 1124695

こちらはモンベルの小さなディープ11と大きなディープ13がセットになった商品。ディープ11には、小さいタイプのガスボンベとバーナーを入れることができます。

個人的にデザインがとても気に入っています。mont-bellの商品、普段はなかなか値が張っていて手を出せないんですよね…

小さいタイプだけで良い場合は、もちろんそれだけのセットもありますよ。

値段: 4,300円
重量: 482g(518g)
収納サイズ: 150x170mm
ディープ13本体(直径x高さ): 145x110mm 1000ml
ディープ13ふた(直径x高さ): 135x65mm 610ml
ディープ11本体(直径x高さ): 127x100mm 750ml
ディープ11ふた(直径x高さ): 120x60mm 430ml
[amazonjs asin=”B06Y44QTKK” locale=”JP” title=”mont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11+13 セット 1124695″] [amazonjs asin=”B06Y42G7TX” locale=”JP” title=”mont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11 1124693″]

trangia(トランギア) メスティン TR-210

trangia(トランギア) メスティン TR-210

キャンパー界隈では言わずと知れた角型メスティン。

もっぱらお米を炊くのに使う人が多いようです。お米やタワシを入れたり、物入れにもなるので持っておいて損はないですよ。

値段: 約1,700円
重量: 150g
サイズ(直径x高さ): 170x950x620mm 750ml
[amazonjs asin=”B000AQXZH4″ locale=”JP” title=”trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】”]

UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3 No.667705

UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3 No.667705

最期に紹介しておきたいのはユニフレームの角型クッカー。

角型の紹介をした時の通り、角が注ぎ口になるのですが、これが意外に便利なんですね。

この3点でご飯・汁物・副菜ワンセット作れますよ。完成された秀逸な製品です。

フライパンはフッ素樹脂加工が施してあり、手入れが楽です。

値段: 6,900円
重量: 449g
収納サイズ: 140x147x88mm
鍋13本体: 127x127x74.5mm
鍋11本体: 108x108x64mm
フライパン 130x130x34mm
[amazonjs asin=”B007FFSTHE” locale=”JP” title=”UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3 No.667705″]

バーナーについて

私は焚き火が大好きで、バーナーなんてなくてもいいじゃん!と思っていたのですが、やはり野外調理をするにあたってムラのない火を当てることのできるバーナーは必需品。

バーナーの選び方

ガス缶には2種類ある

OD缶(OutDoor缶)

小さいサイズのガスボンベです。ガスボンベのことをカードリッジといいます。

通常、ガスボンベは外気温によって圧力が低下し、火力が弱くなってしまうのですが、OD缶はアウトドア専用に、寒冷地での仕様にも耐えられる構造になっています。

また、クッカーの中にOD缶がすっぽり入るようにできている、またはランタンなど、OD缶と合うように作られているキャンプ用品も多いです。

CB缶(CassetteBombe缶)

こちらは私達が普段目にするガスボンベ。コンビニでも手に入れられるため、手に入りやすく、コストも高くありません。

ただし、外気温が低いとパフォーマンスが落ちますし、ランタンはCB缶を使えるものが少なく、不便です。

バーナーの形状にも2種類

一体型

カードリッジの上にバーナーを置くタイプです。コンパクトなものが多いものの、高さができるので、安定感に欠けます。

分離型

カードリッジにパイプを繋ぎ、バーナー本体を別で置くタイプです。かさばりますが、バーナーの背が低く安定感があります。

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

カセットガスでお馴染み、IwataniからCB缶のコンパクトバーナー。

値段が手頃ですが、本体とCB缶の大きさを考えると、少し嵩張ります。

Amazonでは値段が安定していないので、3,000円~3,500円の時に買いましょう。

値段: 3,000~3,500円
使用サイズ(幅x奥行きx高さ): 155x155x127mm
収納サイズ(幅x奥行きx高さ): 82x68x109mm
重量: 274g
[amazonjs asin=”B01J59SGCK” locale=”JP” title=”岩谷産業 ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB”]

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900

こちらはOD缶の安価なガスバーナー。OD缶を使うことができるので、コンパクトに収納することができます。

値段: 約3,000円
使用サイズ(幅x奥行きx高さ): 125x125x82mm
収納サイズ(幅x奥行きx高さ): 117x105x65mm
重量: 約300g
[amazonjs asin=”B000AR4VXK” locale=”JP” title=”キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山用 バーナー オーリック 小型 ガスバーナー コンロM-7900″]

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ 【シルバー/Amazon.co.jp 限定 モノトーン】ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ 【シルバー/Amazon.co.jp 限定 モノトーン】ST-310

バーナー系といえばSOTO。こちらはCB缶のバーナーです。

CB缶の低気温による火力低下という弱点をマイクロレギュレータが解消。こちらも使っている人が多いバーナーです。

値段: 約6000円
使用サイズ(幅x奥行きx高さ): 166x142x110mm
収納サイズ(幅x奥行きx高さ): 140x70x110mm
重量: 350g
[amazonjs asin=”B077Q99XBS” locale=”JP” title=”ソト(SOTO) レギュレーターストーブ 【Amazon.co.jp 限定】 モノトーンモデル ST-310MT”]

プリムス 153ウルトラバーナー

プリムス 153ウルトラバーナー

Amazonでの値段は安定していませんが、こちらも使っている人が多い人気のバーナーです。

圧倒的にコンパクトに収納することができます。

値段: 約8000円
使用サイズ(幅x奥行きx高さ): 記載なし
収納サイズ(幅x奥行きx高さ): 75x88x30mm
重量: 110g
[amazonjs asin=”B000AQXZME” locale=”JP” title=”PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー”]

いかがでしたか?

私は、クッカーはmont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11+13 セット 1124695trangia(トランギア) メスティン TR-210バーナーは、ソト(SOTO) レギュレーターストーブ 【シルバー/Amazon.co.jp 限定 モノトーン】ST-310を選択しました。

[amazonjs asin=”B06Y44QTKK” locale=”JP” title=”mont-bell(モンベル) アルパインクッカー ディープ11+13 セット 1124695″] [amazonjs asin=”B000AQXZH4″ locale=”JP” title=”trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】”] [amazonjs asin=”B077Q99XBS” locale=”JP” title=”ソト(SOTO) レギュレーターストーブ 【Amazon.co.jp 限定】 モノトーンモデル ST-310MT”]
  • テント
  • シュラフ
  • マット
  • クッカー
  • バーナー

ついに、必須品は全て揃いました!

さて、キャンプに行こう!…とはなりません。まだ必要なものがありますよね。

  • テーブル
  • イス
  • 焚き火台セット(直火禁止のキャンプ場では必須です!)
  • ランタン
  • その他

快適なキャンプを過ごすために、もう少しだけ、キャンプ用品を見ていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました