この一冊ですべてわかる『コンサルティングの基本』読後感想

勉強

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。 こんにちは

趣味ブロガーのたろうです。

今回は神川起著の『この一冊ですべてわかる コンサルティングの基本』を読みました。

なお、この読後感想シリーズは、インプットした内容をたろうがアウトプットしたものになります。

この記事を読めばこの本の大切な部分や誰におすすめか、など概略的に理解できます

このシリーズは個人的に本を読むだけで終わりたくないので、アウトプットとして書いてあります。

そのため、本音的な内容になっていると思います。(後で自分が読んだときに思い出したいので議事録な内容になってるかも)

何について書いてある本?

この本は大手外資系コンサルティング会社出身で

コンサルティング会社は何をしているのかを基本的な部分から細かい戦略まで解説してありました。

コンサルティングに求められる能力や、仕事を含めた生活パターンなど、コンサル業界に従事する人が何をして、どのように過ごしているのかを知ることができます。

3時間程度で読みました。(一部読み飛ばし)

僕はコンサルティング会社の業務内容や各ファームの違いなど基本的な部分が知りたくてこの本を読みました。

後半はコンサルティングの細かい戦略に関する話だったので、サマーインターンなどにエントリーしようとしている今は必要ないのかなと思い省きました。

選考が始まる前などに細かい部分は読もうと思います。

特に重要だと思った内容3つ

コンサルはやはりきつい!

コンサルタントの各職位の日々のスケジュールや業務内容、などが書いてありました。

やはりきつそうです。

特に戦略コンサルタントが初めになる職位であるアナリストは、ほぼ毎日9時出勤で0時帰宅など大変きつそうです。

しかし、それだけきつくてもやりがいはあるしなんたって収入がいい。そして自己成長にもつながる職業です。

僕もなんとか先行をパスしてコンサルになりたいもんです。

コンサルになるために必要な能力

コンサルになるためには、能力と学歴が重要

学歴がないとそもそも書類選考で落とされるみたいです。

僕は大学院から東工大なので書類で落とされないか心配ですが、意地でも突破したいと思います。

能力に関しては、他の難関業界以上に思考力や問題発見、解決能力が必要とされます。

実際のプロジェクトの開始から終わりまでを各種ファームごとに解説してある

ここがものすごく細かく書いてくれてあります。

例えば、プロジェクトは誰がどのように初めてこの頃他の役職の人は何をしてるだとか、この時期に難しいのは何かだとかです。

しかも一般的なコンサルティングファームの、ではなく各種のファームごとにかき分けてくれています。

また、各ファームの戦略についても書いてあり大変詳しいです。

どんな人におすすめか

コンサル業界に就職したい学生や転職したい社会人の方は読むべきだと感じます。

コンサルの業務を俯瞰した後、細かい各戦略なども細かく解説してくれているので、勉強になります。

また、筆者自身も大手コンサル会社出身なので内容が簡潔かつわかりま安かったです。

まとめ

今回は、コンサルティングに関して基本から細かいところまで学べる本を読みました。

今回は内容について僕の感想風になってしまいましたね。

コンサルティングに就職転職したいからだけでなく、少しても興味がある方は読んでみるといいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンサルティングの基本 この1冊ですべてがわかる / 神川貴実彦 【本】
価格:1650円(税込、送料別) (2020/4/20時点)

楽天で購入

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました