続けるだけで英語の速読が可能になるたった2つの勉強法

この記事を読むのに必要な時間は約4分です。 こんにちは

趣味ブロガーのたろうです。

皆さん、英語の速読に自信はありますか?

もちろん、この記事を読んでいるということは自信がないですね。。

英語の速読ってなんだって方もいるかもしれないですね。

この記事に書いてある方法を実践するだけで英語を読む速度が飛躍的に上昇するので、ぜひ読んでみてください。

僕が英語の偏差値を40から60に上げた方法

英語の速読力ってなんなん?

英語と日本語の速読力って意味が違うんだよなあ

 

 

最近書店の参考書の表紙や広告でよく見かける速読ってありますよね。

まあ、見たまんまの速く読む力ってことです。

日本語の速読力なら日本語をいかに早く読めるかどうかです。

でも、英語に関する速読力というと少し意味が違ってきます

英語の速読力は単に英語を目で早くおって読み理解するだけではないのです。

日本語なら、文字を素早く追って集中して脳で処理しながら理解するって感じですよね。

でも、英語は僕たち日本人の母国語でなないので、普通の人なら翻訳という作業が入りますね。

トグルボックス内容

英語を読む

単語や熟語を日本語で理解

単語などの意味を文に構成

てな感じでね。

でも、こんなことをし続けていれば読むのかかる時間を早くすると言っても限界があります。

そこで、今回皆さんに鍛えてもらう英語の速読力とはというと

英語を英語のままで理解する』という能力です!

それではこの能力のつけ方を学んでいきましょう

速読力は音読と単語勉強で育てられる

さて、それでは勉強法を紹介していきますか。

音読で英語をそのまま理解できる脳を鍛える

英語の音読ってしたことありますか?

僕も英語が苦手だった頃は全然読んでませんでした。

というか英語があんまり好きではなかったんです。

でも、ある時塾の先生に英語の音読だけはやれという話をされて始めたんです。

すると、みるみるうちに英語の点数が上がり、英語の偏差値が60を超えてしまいました。

音読の方法は3ステップです。

  1. 日本語訳のついた英文を用意(500語以上くらいかな)
  2. 英文の内容を完全に理解する
  3. 英文を意味を思い浮かべながらひたすら音読

これだけです。

意味を完全に理解した英文を読みながら英語のまま意味が頭に入ってくれば目標は達成したと言っても過言ではありません。

この音読法をいろんな教材で繰り返しやっていくと、新しい文章でも英語のまま文の意味を理解できるようになってきます。

TOEIC本番一週間前で50点以上あげる方法

単語力を上げて文の意味を即座に理解

単語力がないと超簡単な文章でも理解できません。

例えば、『私は豆腐を俯瞰するのが好きだ』という文があったとします。(見たことないけど)

この文で、豆腐と俯瞰という単語の意味を知らなければどうなります?

そんなの言わなくてもわかりますね?

単語力って文章を読む上で必須なんです。

特に、TOEFLなどを受ける方は専門用語が結構出てくるので、しっかり単語力を上げましょう

僕が特に効率的に英語力を向上させられたと思うアプリをご紹介しておきます。

TOEIC900点を達成できる最強の単語勉強アプリ『マジタン』のおすすめ

 

この二つを毎日継続で英語を極めよう!

この二つを毎日し続けることができたら、1年後にはあなたはTOEICやTOEFLで無双できるでしょう!

ぜひ頑張ってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました