TOEIC本番直前一週間で点数を50点以上あげる方法5選

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。 こんにちは

趣味ブロガーのたろうです

TOEICの申し込みって3ヶ月前なので、なかなか勉強する気になれないですよね。

そして残り1、2週間になると

あと一週間?勉強しやな!!

てなりますよね笑

今回は、TOEIC885点を取得した僕が本番前に点数をできる限り上昇させられる方法を紹介していきます。

 

文法の基本を再確認

TOEICは完全にビジネス向けのテストになっているのですが、PART7のうちのPART5と6が文法問題になっています。

全体の中で、結構な割合を占めているのはいうまでもありません。

文法って勉強してても意外と頭から抜けてしまったりするんです。

そのため、本番1週間前に文法の基礎をしっかり叩き込み直すことで本番ではしっかり文法を覚えておけるということです。

例えば、助動詞のあとは動詞は原型に戻ったり、thatの後の動詞が原型になる場合があったりと、意外と忘れていることってありますよね。

僕はいつも本番1、2週間前に文法の基礎を覚えなおすことで本番では最高のパフォーマンスを発揮できています。

特に文法問題がたくさんあって、基礎を叩きなおすことができるおすすめの参考書はズバリこれです。

 

この問題集は品詞問題や時制問題とジャンル別に分けた問題が1000問も入っています。

また、かくジャンルの冒頭にその類似問題を解くための要点やコツなどの基礎が丁寧に書かれているので、本番前の対策としては 十分です。

 

リスニング教材をひたすら聴き込む

本番のリスニングの英語を楽に聞き取れるようになりたいですか?

それなら、英語のリスニンング教材をひたすら聴きまくることで耳を英語に慣れさせましょう。

僕が特におすすめするのはPodcastです

Podcastは無料でネイティブのラジオを聴けます。

しかも速度を1.5倍に設定出るので本番で楽に聞き取る練習ができるんです。

Podcastのレベル別おすすめチャンネルなどについて解説した記事があるので是非読んでみてください。

Podcastでリスニング力を爆上げしよう

公式問題集を一気に解いて速度を上げる

これ、めちゃくちゃ効きます

公式問題集はTOEIC公式の過去問なので、本番になれることができるんです。

特に、時間を計ってやったり、たくさんの問題パターンに触れることで本番ではリラックスして解くことができます。

僕が885点を取った時は本番前一週間で公式問題集を5冊ときました

そんなに解いて885点なの?と思うかもしれませんが、海外に行った経験がなく英語が得意でもない凡人にしては結構いい結果だと思ってます。

5冊も解けとは言いませんが、2冊くらいはやっておくと本番が楽になると思います。

僕のオススメの方法は、リスニングはさておき、リーディングパートは時間を計って解くことですね。

僕の感覚的な時間配分はこうです。

  • Part5  15分〜20分
  • Part6 5分
  • Part7 180を解いた状態で30分以上残す

この配分で解ければ、全問が余裕を持って解けるし塗りつぶしゲームにはなりません笑

TOEICで高得点を目指すならこのアプリがおすすめ!!

 

音読して頭を英語脳に

僕は高校の時に英語が苦手で、レベル別に3クラスある英語のクラスで一番下のクラスでした。

しかし、塾の先生に言われるがまま音読をひたすらすることで学校の英語のテストで1位を取ってしまうほど英語力が伸びました!!

英語の音読をすることはリスニング力と速読力、文章理解力の全てを伸ばすことにつながります。

音読する教材はなんでもいいですが、基本的には翻訳がついていて意味が完全に理解できるものですね。

音読を毎日すれば、英語に長時間触れていても苦ではなくなるし、何しろスピーキング能力も上がるので最高の勉強方法なんですね。

詳しいやり方や注意点はこの記事で紹介しています。

僕が高校の時に偏差値を40から60まで上げた方法

毎日しっかり寝る

これ、意外とバカになりません。

毎日しっかり寝て起きて集中する、この当たり前のことができてないと勉強の効率も落ちるし、テストでもパフォーマンスが下がってしまいます。

睡眠時間を削って勉強するくらいなら、毎日しっかり寝て短時間集中でやりましょう!

それではテスト頑張ってください!

まとめは特にいらないと思うので、これだけ

テスト頑張って!

たろうも満点取れるように勉強します

コメント

タイトルとURLをコピーしました